月別アーカイブ: 2017年9月

インプラントなどを利用するよりはなってもいいのでしょうか

歯の健康診断は最低でも半年に1回くらいは受け、かかりつけの歯科を決めることで歯医者さんに覚えてもらって、虫歯を作らないようにするべきです。

歯ブラシの取替ををする時期は人それぞれですが、歯医者さんが良いと考えるスパンは意外とわずかで、4週間程なのです。

ハブラシは見た感じは清潔そうでも、時間が経つと毛に細菌がたくさん付着するので、思っている以上に汚いのです。

また、毛の先端が開いた状態だと歯と歯の隙間に先端が到達しなくなり、歯垢をきちんと取り除くことが不可能になるのです。

歯ブラシは毛先の程度に相違があるのですが、どちらかと言えば硬め使用するのが無難です。

リッチなお客をターゲットにして、品質の高いハブラシも販売されていますが、歯ブラシには1本1本にお金をかけすぎるのではなく、月1で交換するのが最も効果的です。

ハミガキがちゃんとできていると歯の再石灰化がうまくいき、歯周病になりにくくなりますので、軽く見ないで時間を作ってきちんと学習しましょう。

ハミガキはブラッシングの他、デンタルフロスや歯間ブラシ一緒に用いることがおすすめです。

あるデータによれば、ブラッシングだけだと7割弱しか落とせないのに対し、デンタルフロスを活用すると8割まで拡大することが分かったのです。

歯垢には虫歯菌が棲みついているため、しっかりと除去することができないと、虫歯菌が出した酸が歯のエナメル質を削ってしまい歯に穴が空いてしまうのです。
東京のボイストレーニング教室

音波歯ブラシの使い方は慣れが必要ですので、自信がないのであれば歯医者に行った時に指導してもらうべきです。

深夜はブラッシングによって食べかすをしっかり取り除くことが肝心なのですが、夜はツバの出る量が減る時間なので、細菌が繁殖しやすいその理由です。

こうしたことを教えてくれる歯医者は予防歯科という言葉をホームページのどこかに書いてあるのが一般的です。

歯をみがくやり方に自信は持っていますか?歯磨きは、次の3つのポイントに注意する必要があるそうです。

最初に、歯ブラシの毛の先端を歯と歯茎のつなぎめや、歯と歯のスキマに確実に当て、きちんと磨いて食べかすを取り除くことが肝心です。

2つ目に、歯ブラシを握る手に力が入りすぎては逆効果なので130g~180gくらいの軽いエネルギーで歯ブラシの毛先が広がらない程度にしてください。

最後は歯ブラシをわずかに振動させ、歯を1つずつ丁寧に磨くことなのです。

ハミガキの理由は何個も存在しますが、一番の理由は食べかすを口腔から除去することで、これができませんと口腔疾患の原因となって、90歳で22本以上の歯を残すことは不可能と考えられます。